勃起に至るまでの過程で問題が起こる事でED患者が誕生する?まずは勃起が起こる仕組みを学び、バイアグラを有効活用しよう!

ばいあぐらの作用と効果

それでは、ばいあぐらはどんな作用によって勃起を促進する効果があるのでしょうか。

ばいあぐらの効果を説明するにあたって、まずは勃起が起こるまでの仕組みを知りましょう。

勃起のキッカケは、脳が性的興奮を感じる事から始まります
脳が性的興奮を感じる為には、見た目やにおいなど、5感全てを使って刺激されます。

バイアグラ

また、直接ペニスを刺激されることでも起こります。
脳内で性的興奮が発生すると、脳からペニスへ「勃起しろ」という勃起に必要な命令が届くのです。
この命令を受け取ったペニスでは、周囲に一酸化窒素(NO)が発生します。
この一酸化窒素が、勃起に必要な準備が起こるスイッチの役割を果たします。
一酸化窒素が発生すると、環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる、ペニスの血管周囲にある筋肉を緩め、ペニスの血管を拡張させる作用を持ちます。
ペニスの血管が拡張することで、血液が流れ込みペニスが膨張する事で、勃起が起こるといった仕組みです。

 

ここでEDの方の1つの原因として挙げられるのが、ホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)と呼ばれる酵素です。
この酵素は、環状グアノシン一リン酸を分解する働きを持っています。射精などによって性的興奮が収まると、ホスホジエステラーゼ5型が増加します。
すると、環状グアノシン一リン酸を分解するので拡張されていた血管が収縮し、ペニスが通常状態へと戻るのです。

 

EDの場合、この勃起に至るまでの過程の何処かに問題が起こる事で、勃起がしなくなってしまうのです。
そこで、ばいあぐらの有効成分シルデナフィルを服用すると、胃や腸の粘膜から吸収されはじめます。
服用後30分~1時間程度で効果が現れます。
シルデナフィルの作用は、ホスホジエステラーゼ5型の働きを押さえ込むのです。
ホスホジエステラーゼ5型の働きが抑えられると、勃起に必要な血管拡張作用のある環状グアノシン一リン酸がペニス周囲で十分な濃度を保つことができる為、ばいあぐらには勃起を促す効果があるのです。
その為、ばいあぐらを服用すれば強制的に勃起を起こすことが出来るわけではありません。
限りなく自然に近い状態で作用する為、何もしなければばいあぐらを服用した所で勃起は起こらないのです。

 

←前へ          次へ→