バイアグラの誕生秘話について!知って得する豆知識まとめ!狭心症患者の為に開発されていた薬ということを知ってますか?

ばいあぐらの誕生秘話

ばいあぐらが誕生したキッカケのお話しは知っている方も多いかもしれません。
実は、ばいあぐらの効果は思いがけない副作用から発見されているのです。
ばいあぐらの有効成分シルデナフィルは、元々は狭心症のお薬として開発されていた成分です。

 

狭心症とは、心臓の血管内にコレステロールなどの異物が付着し、血液の通り道が狭くなってしまいます。

バイアグラ


更に血管が詰まるなどして、心臓の筋肉に送る酸素量が低下してしまうと、心筋の酸素量が足りなくなってしまい、壊死してしまいます。
発作が起こりここまで症状が進んでしまうと、心筋梗塞となってしまいます。
そこで、シルデナフィルの血管拡張作用を利用して、心臓の血管を拡張することで、心臓へ送る血液量を増やして安定させようというお薬です。
治験者(データ採取する為に実際に薬を服用する方)へシルデナフィルを配り、服用してもらい狭心症に対して効果があるかどうか、実験を積み重ねていきましたが、思うような結果を得ることは出来ませんでした。

 

そこで開発を中止し、治験者たちに配布していたシルデナフィルの残りを回収しようとした所、みな揃ってシルデナフィルを返したがりませんでした。
その理由を治験者たちに訪ねた所、みんなが揃って「シルデナフィルを服用すると勃起が凄い」と言いました。
そこで、研究者たちはシルデナフィルには勃起を促す効果がある事に気づき、研究をEDの薬として変更したのです。

 

つまり、新しい薬を開発しようとして失敗した所、思わぬ副作用がみつかった事がきっかけとなり、バイアグラの開発がはじまったのです。
それまで、EDの治療に関しては服用するだけで効果を得られるような画期的な治療法はありませんでした。
ばいあぐら誕生以前のED治療法に関しては、器具を使用して勃起をさせた後に、リングをペニスの根本に装着し、血流を止めることで30分程度勃起を持続させる装置や、尿道へ直接薬剤を注入することで、強制的に勃起を促す方法などでした。
そこへ、飲むだけで勃起するなんて、ばいあぐらが誕生したので、世界中で夢の薬が完成したと、注目の的になりました。
そこで、皆がばいあぐらを欲しがり、間違った使用方法によって死亡事故が起こってしまったのです。

 

←TOPへ          次へ→